ステラマッカートニーのラエナブーツを都心で普段履きに履いてみた感想

ヒールの高さが7~12cmはある底がウエッジソールになっているパンプス靴が大好きです。

ステラマッカートニーのラエナブーツというシリーズは、ウエッジソールになっているくるぶし丈のブーツで、特徴的なのが靴底が山登りに使うトラッキングシューズのように激しく山と谷があるギザギザしたデザインです。

靴底がものすごくギザギザしているので、大理石の床や濡れた床など滑りやすいところを歩いていても、ずんずん気にせずに歩くことができます。

足を入れるブーツの部分はスエード生地やヒョウ柄のファーみたいな生地など種類があります。

私はプラムカラーのプラムラエナブーツを使っています。

定価で8万円ちょっとくらいでした。

ウエッジソールの部分はアンティーク家具のような光沢のある濃い色の木のような素材で、ちょっとぶどうみたいな赤紫色のチョコレートのような色のスエード生地のショートブーツが、上品にシンプルなデザインに、ものすごくでこぼこした靴底の部分が異様なミックス間でかわいいです!

 

ステラマッカートニーのファラベラを買うならここ!

ステラのファラベラが定価より約20%OFF

 

靴ひもの穴が2個づつだけ開いていて靴ひもをデザインポイントになっていて、メンズライクなデザインにも見えて、デニムパンツに合わせてカジュアルなコーディネートに使ったり、チュールにマキシスカートに合わせてちょっと原宿系コーデとか個性的なコーデにも存在感のあるデザインが気に入っています。

スウェード生地が水に濡れると嫌なので、雨の日は使わないようにしています。ブーツの部分が水をはじくような生地で出ないかなと思いますが、靴に自分の脚の形があっていて長く履いても疲れないので気に入っています。